編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

IoTとAIで生産設備を予知保全、東京エレクトロンDなどが共同開発

NO BUDGET

2018-05-08 06:00

 東京エレクトロンデバイス(TED)と金沢エンジニアリングシステムズ(KES)、ウイングアーク1st(ウイングアーク)は5月7日、生産設備の予知保全を実現する「IoT & AIシステム構築ソリューション」を共同開発し、連携して提供を開始すると発表した。

 同ソリューションは、TED、KES、ウイングアークの持つ「PLCデータ連携・制御」「データ自動分析」「データ可視化」の各技術を相互に連係し、データ収集環境の構築、設備の状態診断、可視化までを個別に開発することなく、包括して構築することを可能にするという。

 PLC(Programmable Logic Controller)は、生産現場で活用されている制御装置。今回の同ソリューションでは、PLCから収集したデータを工場内で自動的に分析、学習、モデル生成まで実行することにより、生産設備の状態診断結果をクラウド環境を通じて可視化する。これによって、エッジコンピューティングとクラウドサービスの両方の利点を生かした効率的なシステムを実現できる。


IoT & AI化ソリューション概要

 開発における役割は、PLC連携、制御をKESが、データ分析の自動化をTEDが、データの可視化をウイングアークが担当した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]