編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

グリッドとTIS、機械学習、深層学習フレームワークを活用したAIソリューションで業務提携

NO BUDGET

2017-12-15 07:30

 グリッドとTISは12月12日、グリッドの機械学習/深層学習フレームワーク「ReNom」を活用したAIサービスの開発・提供で業務提携すると発表した。

 ReNomは、深層学習や最適化アルゴリズム、TDA(Topological Data Analysis)をはじめ、さまざまなアルゴリズムをライブラリとして備えたフレームワーク。複雑な設定を必要とせず、各ライブラリを組み合わせることで専門家でなくても比較的容易に自社のビジネスに適したAIを開発することが可能となる。

 今回の業務提携では、グリッドが持つ機械学習/深層学習に関するノウハウと、TISのシステム構築・運用での総合力を組み合わせ、既存システムとReNomの連携を含めたAI活用を支援していく。

 TISは、ユーザーの保持データをReNom上で検証するPoCサービスから、業務システムとの連携や組み込みへとつなげていく支援などを行う。また、導入後の改善や更なる活用範囲の拡張についても継続してサービス提供していく。グリッドは、TIS と連携し、ReNomを活用したユーザーの課題解決に貢献していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]