編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

東電PG、次世代監視システム開発でセキュリティサービスを活用

NO BUDGET

2017-06-02 09:05

 東京電力パワーグリッド(東電PG)は、次世代の監視制御システムの開発にセキュリティコンサルティングサービス「マカフィー プロフェッショナル サービス」を活用し、セキュリティの強化を図る。

 同社は、関東および静岡県東部へ電力を届ける送配電事業者。2015年に東京電力から独立した。世界最高水準の安定的な電力供給能力を目指して、これまで「監視制御システム(以下、SCADA)」を利用してきた。

 従来のSCADAは独自のシステムとなり、地理的に分散して設置され、セキュリティ面では物理的な安定性・安全性の確保が目的にされていた。しかし、コストが問題となっており、2018年の更改時期が迫っていることから、汎用的・標準的な技術を取り入れてより安価に高品質な仕組みを構築することになった。

 汎用的・標準的な技術を取り入れることにより、これまでになかったセキュリティリスクが発生することから、同社では、マカフィーの「マカフィー プロフェッショナル サービス」を活用することを決定した。

 同サービスの採用理由として、マカフィーがITだけでなく、監視制御システムで利用している「Operational Technology」(OT)にも精通していることが挙げられている。

 マカフィーは、ITとOTを分離するのではなく、融合して考えることを提案、米国の電力事業者とのコミュニケーションの場を設けて、東京電力パワーグリッドが次世代SCADAの設計・運用に、国際標準の対策を適用できるようにした。また、カスタマイズ部分のサポートも実施している。

 東京電力パワーグリッドは、2020年に向けて、セキュリティレベルを向上させるためのロードマップを策定し、最高情報セキュリティ責任者(CISO)とCSIRTの設立を実行したが、これにもマカフィーのアドバイスが大いに貢献しているとしている。

 東京電力パワーグリッドでは、今後、次世代SCADAの開発を進め、同システムの海外展開も企画している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]