「MovableType.net」、ChatGPT活用したタイトル提案機能をベータ提供

藤本和彦 (編集部)

2023-03-27 13:29

 シックス・アパートは3月27日、SaaS型コンテンツ配信システム(CMS)「MovableType.net」に人工知能(AI)を活用したタイトル提案機能をベータ版として追加した。OpenAIの「ChatGPT API(GPT-3.5)」を利用している。

 AIタイトル提案機能は、記事またはウェブページのコンテンツを読み込み、その内容を踏まえた記事タイトルを5件提案する。タイトルの雰囲気を5つのパターンから選べるため、記事の目的や読者対象に合わせたタイトル案を生成できる。

AIタイトル提案機能の利用イメージ AIタイトル提案機能の利用イメージ
※クリックすると拡大画像が見られます

 例えば、オウンドメディアに技術情報の記事を書く際には、「説明的なタイトル」の設定を利用すると、読者が記事内容をイメージしやすいタイトルが提案される。イベントやキャンペーンの告知記事では「注目を集めるようなタイトル」の設定にすると、興味を喚起させ集客につながりやすいタイトル案を得られる。「夢のようなタイトル」の設定で生成される新たな視点のタイトル案は、コンテンツ制作者の発想を広げることにも役立つとしている。

 シックス・アパートは、新機能について「コンテンツ制作者は記事のタイトルを考える時間を短縮でき、新たな観点からの提案を受けて記事内容のさらなる充実にも生かせる」とコメントする。

 MovableType.netの全てのプランで追加費用なく利用できる。生成されたタイトル案について同社は権利を主張しないといい、ウェブサイトごとに月に最大50回まで同機能を利用可能となっている。また、OpenAIの禁止事項に触れる用途には利用しないよう注意している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]