「マネーフォワード Admina」、SaaS契約・サブスク管理機能を追加

河部恭紀 (編集部)

2023-04-28 17:04

 マネーフォワードiは4月28日、SaaS管理プラットフォーム「マネーフォワード Admina」でSaaS契約・サブスク管理機能の提供を開始した。

 SaaSの利用は、年払い・月払いなどさまざまな料金形態が存在し、支払い方法もサービスごとに異なることから、管理が煩雑になる。更新のタイミングを逃して利用状況に応じた適切なプランやライセンス数に変更が出来なくなることや、解約忘れによる不要な出費が発生する場合がある。

 マネーフォワードiによると、SaaSを10以上利用する企業の経営者、役員、従業員を対象とするアンケート調査で、「SaaSの契約更新において意図せず更新されてしまったことはありますか?」との質問に対し、6割以上が「ある」と回答したという。

 SaaS契約・サブスク管理機能では、契約更新やアカウント棚卸しのタイミングを一元管理し、コストの削減に寄与する。マネーフォワード AdminaにSaaSを連携し、契約情報を登録するだけで、契約更新日が近い順に並び替えて閲覧することが可能。1つのSaaSに複数の契約情報を登録でき、一度設定すれば、同じサイクルで更新日を自動計算して表示する。

画像

 契約更新日が近づくとアラートが表示される機能や、「Slack」「Microsoft Teams」や電子メール経由での通知機能、メモや担当者を指定できる機能も近日中にリリース予定だという。

 マネーフォワード Adminaは、マネーフォワードグループのコアテクノロジーであるアグリゲーション基盤を活用し、“SaaSの家計簿”のようにSaaSの一元管理を可能にする。退職者のIDを自動検出できるため、入社・退職時発行・削除の管理が容易で、シャドーITの検出やオフボーディングを一気通貫で対応可能。SaaSのコスト管理やコスト削減提案を実現する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]