第一生命、タレントマネジメントシステムを導入--社員のポテンシャル発揮図る

大場みのり (編集部)

2023-05-30 13:20

 第一生命保険(第一生命)は、タレントマネジメントシステム「Talent Palette」(タレントパレット)を導入した。提供元のプラスアルファ・コンサルティングが5月30日に発表した。

 タレントパレットは、採用から育成、配置、評価、登用、活躍までを一気通貫で行い、人材情報を活用した人事戦略を支援するタレントマネジメントシステム。同システムの契約社数は2023年3月末時点で約1200社だという。

タレントパレットの利用イメージ
タレントパレットの利用イメージ

 第一生命は、変革を支えるグループ全体の人材戦略として「4つの体験価値(保障、資産形成・承継、健康・医療、つながり・絆)の実現を支える多様な人材が活躍する組織へ」「一人一人の自律的なキャリア創出によるポテンシャルの最大化」を策定している。同社は、データ活用の高度化や人材と職務のマッチング向上に期待し、タレントパレットを導入した。今後は所属長や従業員による活用も予定しているという。

 第一生命グループは「全ての人々の幸せを守り、高める。」というビジョンの実現に向けて、従業員一人一人が健康で誇りとやりがいを持ち、仲間と共に活躍できる組織運営を行っているという。今回の導入により、従業員間のコミュニケーション活性化や一人一人のやりたいことや在りたい姿といった「Myキャリア」を実現し、個人のスキル向上やポテンシャル発揮につながると期待している。

 第一生命の担当者は「タレントパレット導入以前は、人事基幹システムや表計算ソフトから人材情報を検索し、人材管理や施策の検討・分析を行っていた。オールインワンで人材管理から分析・活用まで行える同システムを利用することで、データの作成・検索・集計・提供などの定型業務が削減され、人材戦略の実現に向けた施策の立案など付加価値の高い業務により時間を使えるようになる。タレントパレットの豊富な機能を活用することで、従前より包括的に人事施策の高度化・効率化が図れると期待している」とコメントしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]