GitHub、移行ツール「GitHub Enterprise Importer」を一般提供

河部恭紀 (編集部)

2023-06-14 14:06

 GitHubは米国時間6月12日、セルフサービスの移行ツール「GitHub Enterprise Importer(GEI)」を一般提供した。「GitHub Enterprise Cloud」やGitHub.comへの移行を高い忠実度で可能にする。

 GitHub Enterprise Importerはコードに加えて、プルリクエスト、レビュー、コメントといった履歴の移行も可能にする。コードの履歴だけでなく、その履歴の背後にある「理由」を理解する必要がある場合には大きな違いをもたらすとGitHubは述べる。

 「GitHub Enterprise Server」「Azure DevOps」「Bitbucket Data Center」「Bitbucket Server」からGitHub Enterprise CloudやGitHub.comへの移行が可能。GitHub.comの既存ユーザーがEnterprise Managed Users(EMU)を適用する場合にも使用できる。

 移行はコマンドラインインターフェース(CLI)から実行可能。平均的なリポジトリーの移行にかかる時間は70秒で、CLIには一括で移行するためのツールも用意されている。移行の完了時、移行できなかったデータを示す警告などのステータスを報告する。CLIだけでなく、より高度な自動化のためのAPIも提供しており、さらなる制御を可能にする。

 移行を成功させるにはツールに加えて計画や準備も重要との理由から、GitHubへの移行を計画する方法についてのガイドも新たに公開されている。移行パスがGitHub Enterprise Importerでサポートされていない場合でも、これらのドキュメントでは、必要なことが順を追って説明されているという。

 GitHubは、複雑な移行を計画している企業向けに「GitHub Actions Importer」や「Expert Services」といったツールやサービスをこれまでも提供し、他のプラットフォームからGitHubに移行することで「GitHub Actions」「GitHub Codespaces」といった機能の利用を迅速に開始できるよう支援していると説明する。

 GitHub Enterprise Importerを一般提供前に利用したユーザーは2000を上回り、40万以上のリポジトリーがGitHub Enterprise Cloudに移行されたという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]