海外コメンタリー

「Apple Vision Pro」向けの新OS「visionOS」--開発者が押さえておくべき17のポイント

David Gewirtz (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2023-06-21 07:30

 Appleの新製品「Apple Vision Pro」ヘッドセットは、同社のエコシステムにおける全く新しいデバイスだ。Vision Pro自体については「WWDC 2023」の2時間以上にわたる基調講演で詳しく説明されたが、開発者向けの情報が明らかになったのは、その後開催されたイベント「Platforms State of the Union」でのことだった。

提供:Jason Hiner/ZDNET
提供:Jason Hiner/ZDNET

 そのプレゼンテーションを見た筆者が、「visionOS」向けの開発に関してプログラマーが知っておくべき重要なポイントをこの記事にまとめた。まずは背景を少し説明しておこう。

 visionOSは、Appleが「空間コンピューティング」と呼ぶ技術のために設計されたOSだ。同社はこのコンピューティングパラダイムを、誰もが慣れ親しんだ2つのコンピューティング、すなわちデスクトップコンピューティングとモバイルコンピューティングとは区別している。空間コンピューティングの特徴は、作業環境がユーザーの目の前に浮かんで存在していることだ。

 「Shared Space」(共有スペース)に、アプリが並んで浮かぶ。複数のウィンドウが並んでいるが、それがデスクトップ上ではなく、空中にあるところを思い浮かべてほしい。

共有スペース。提供:David Gewirtz/ZDNET
共有スペース
提供:David Gewirtz/ZDNET

 ユーザーは、空間内に平面として存在する「Window」(ウィンドウ)を1つまたは複数開くことができる。従来のビューとコントロールだけでなく、3Dコンテンツもサポートされており、同じウィンドウ内に3Dコンテンツを2Dコンテンツとともに表示できる。たとえばCADプログラムでは、オブジェクトが3Dで、ツールバーが2Dになるかもしれない。

提供:David Gewirtz/ZDNET
提供:David Gewirtz/ZDNET

 ウィンドウ以外に、アプリは3Dの「Volume」(ボリューム)を作成可能だ。ボリュームにはオブジェクトやシーンを含めることができる。ウィンドウとの主な違いは、ボリュームは3D空間内で移動でき、あらゆる角度から見ることができる点だ。この違いは、店舗のショーウィンドウをのぞくのと、自動車の周りを歩きながら、前部、後部、側面の窓をのぞき込むことの違いといえる。

 完全な没入感を求める開発者のために、専用の「Full Space」(フルスペース)を作成する機能が用意されている。これはゲームを全画面表示にするようなものだが、visionOSの体験では、その画面に完全な没入感がある。ここでは、アプリやウィンドウ、ボリュームが完全な没入環境内で動作する。

 visionOSで使用される仮想パラダイムについて理解したところで、visionOS向けの開発について開発者が知っておくべき17のポイントを見ていこう。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]