編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」
調査

AR/VRヘッドセットの世界出荷台数、2021年は92.1%増--IDC Japan

大場みのり (編集部)

2022-04-05 15:50

 IDC Japanは4月5日、2021年第4四半期(10~12月)における拡張現実/仮想現実(AR/VR)ヘッドセットの国内外出荷台数を発表した。

 IDCが発行する「IDC Quarterly Augmented and Virtual Reality Headset Tracker」のデータに基づくと、2021年第4四半期の世界出荷台数は、前年同期比47.0%増の519万台となった。このうち、ARヘッドセットは7.6%増の8万台、VRヘッドセットは47.9%増の511万台だった。また2021年通年の世界出荷台数は、前年比92.1%増の1123万台となった。第4四半期の出荷台数は2021年通年の約半分に相当し、非常に好調だったといえる。

 米IDC Mobility and Consumer Device Trackers リサーチ・マネージャーのJitesh Ubrani氏は「Meta(旧Facebook)は入手しやすい価格のヘッドセットを提供し、コアなゲームユーザーだけでなく非ゲーマーや企業の関心を喚起することで、AR/VR業界をリードしてきた」と述べる。「現状、Metaが圧倒的なシェアを獲得しているため、主要な競争相手がいないように見える。だが、今後Appleや他のスマートフォンベンダーがヘッドセットを発売することで、市場が活性化すると期待できる」(Ubrani氏)

 また、米IDC Device & Consumer Research グループバイスプレジデントのTom Mainelli氏は「ARヘッドセット市場はAR/VRヘッドセット市場全体のごく一部であり、われわれはビジネス利用分を認知しているだけ」とし、「コンシューマー向けのARはまだスマートフォンやタブレットの領域であり、当面はその状態が続くと思われる。一方、メタバースは言いはやされて、ARやVR、および多くの関連技術への投資を促進しているが、このことがすぐにヘッドセットの数量に影響を与えるとは思っていない」とコメントしている。

 2021年第4四半期の国内出荷台数は、前年同期比20.2%増の13万台だった。2021年通年の国内出荷台数は前年比18.3%増の33万台で、世界全体の成長と比べると少ない。国内のAR/VRヘッドセットは法人向け市場で成長したものの、コンシューマー向けが減少したことから成長に歯止めがかかった。

 IDC Japan PC, 携帯端末&クライアントソリューションのマーケットアナリストである井辺将史氏は「近年、多くの企業や団体がAR/VRヘッドセットを用いた教育やトレーニング、遠隔支援に関するPoC(概念実証)を行ってきた。今はそれらの取り組みを経て実用段階に入り、国内法人需要の増加につながっている」と説明する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]