ワークスアプリ、AIで経営レベルの意思決定を支援--次世代型ERPの開発で日本MSと連携

ZDNET Japan Staff

2023-06-29 14:35

 ワークスアプリケーションズ(WAP)は6月29日、人工知能(AI)で経営の意思決定を支援する次世代型ERP(統合基幹業務システム)の開発と技術支援に向けて、日本マイクロソフトと相互製品の連携を促進すると発表した。

 WAPは、日本マイクロソフトが提供する「Azure OpenAI Service」をはじめとした先進技術や販売連携プログラムなどを通じ、大手企業向けERP「HUE」の提供価値の向上を狙う。次世代ERPの開発によりデータドリブンからインサイト(AI)ドリブン経営への移行を促すことで、事業環境の変化に対する迅速な対応や組織変革を支援する。3年で追加売上100億円の達成を目指す。

 具体的には、2023年後半にかけてAIを実装した機能を順次リリースする計画。今後、HUEの新バージョンについて、日本マイクロソフトの「責任あるAI」ガイドラインのもと、AI機能やそれを支える「Microsoft Azure」などのクラウド基盤を活用し、安心してAI環境を利用できる基幹システムとして提供する。「Microsoft 365」などとも外部連携する。

 これに先駆け、29日にHUEを「Microsoft Teams」や「Microsoft Dynamics 365」と連携させるサービスを開始するとともに、HUEをAzure基盤上でリリースする。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]