AP通信、OpenAIに過去記事を提供--生成AIの活用検討

ZDNET Japan Staff

2023-07-14 10:24

  Associated Press(AP)とOpenAIは米国時間7月13日、一部のニュースコンテンツや技術へのアクセスを共有することに合意した。これにより、ニュース製品やサービスで生成AIを活用する可能性を探りたい考えだ。

 OpenAIは、APのテキストアーカイブの一部にアクセスするためのライセンス供与を受ける。一方APは、OpenAIの技術と製品に関する専門技術を活用できるようになる。両組織は、お互いの専門能力を生かしながら、AIシステムの責任ある開発と使用を目指す意向だ。

 Axiosによると、提携期間は2年。OpenAIは、APが保有する1985年までのテキストアーカイブの提供を受け、人工知能(AI)の訓練に利用するという。

 APは約10年間にわたり、ジャーナリズムの効率化を図るために、自動化に取り組んできた。今回の協業はそれを発展させるものとなり、ローカルニュース支局が業務にテクノロジーを統合するのを支援する狙いもある。

 APは生成AIに関する基準の精査を続けており、ニュース記事の中では使用していない。

 同社は1846年の設立以来、事実に基づいた無党派のジャーナリズムを提供してきた。また、生成AIを利用する上で根幹となる、知的財産権の保護に加え、報道の基準や倫理面で業界最前線を歩んできた。

 「APは一貫して、AIの利用における業界リーダーだ。同社からのフィードバックは、高品質で事実に基づいたテキストアーカイブへのアクセスと共に、OpenAIのシステムの機能と有用性を向上させる上で役立つだろう」と、OpenAI最高執行責任者(COO)のBrad Lightcap氏は述べている。

 APは2014年より、決算報告書の作成を自動化している。その後、ニュース記事のプレビューや、一部のスポーツイベントの概括などを自動化することで、提供コンテンツを拡大してきた。また、記者会見などのライブイベントでは、音声や映像の書き起こしでAI技術を使用している。

 さらに5月には、同社のマルチフォーマットコンテンツ配信プラットフォーム「AP Newsroom」で、AI対応の検索機能を公開した。これにより、記述言語に基づいた検索クエリーに対して、正確な結果を返せるようになった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]