「ChatGPT」、回答の条件をあらかじめ設定できる機能を追加

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-07-21 09:52

 「ChatGPT」から、求めている答えを引き出すのは容易なことではない。通常は、最初の指示を注意深く作成し、その後プロンプトを2〜3回入力して、やっと思い描いていたような結果を得ることができる。

ChatGPTアプリ
提供:NurPhoto/Getty Images

 そのため、開発元のOpenAIは米国時間7月20日、ユーザーのニーズに合わせてカスタマイズできる新機能「custom instructions」(カスタム指示)を発表した。

 ユーザーが与える指示は、その後ChatGPTが作成するすべての応答で考慮されるため、同じ設定を繰り返し入力する必要がない。

 同社が披露したデモには、ユーザーがカスタム指示のために入力できる2つのフィールドが示されている。それは、「応答を改善するために、ChatGPTがあたなについて知っておくべきことは何ですか?」と「ChatGPTに、どのように応答してもらいたいですか?」というものだ。

カスタム指示の画面
提供:Sabrina Ortiz/ZDNET

 OpenAIは、授業のプランを立てようとしている3年生担当の教師、「Python」以外の言語でコードを記述したい開発者、6人家族のために夕食の準備をする人などを例に挙げている。

 いずれの事例でも、ユーザーは最初に条件を設定すれば、その後、何度も条件を微調整したり、同じ条件を繰り返すことなく、求めている結果を一貫して得られるようになる。

 例えば、開発者は自身が「Golang」だけを使用するソフトウェア開発者であり、すべての応答はその言語で受け取りたいこと、コードに関する説明は不要なこと、そして最も効率的なソリューションに重点を置いてほしいことを、1度だけ明示すればよい。

カスタム指示の画面
提供:Sabrina Ortiz/ZDNET

 この機能により、プロンプト作成の課題の一部を実質的に排除できるため、意図する結果をより迅速に得て、チャットボットをより有効に活用できるようになる。

 この機能はベータ版で、有料版「ChatGPT Plus」のユーザー向けに、20日より提供されている。同社は今後数週間のうちに、すべてのユーザーに提供したいとしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]