GitLab、「GitLab CE/EE」向けに16.3.1、16.2.5、16.1.5をリリース

河部恭紀 (編集部)

2023-09-05 13:06

 GitLabは米国時間8月31日、「GitLab Community Edition(CE)」「GitLab Enterprise Edition(EE)」向けにバージョン16.3.1、16.2.5、16.1.5をリリースした

 これらのバージョンは、セキュリティ上の重要な修正が含まれており、同社では、全てのGitLabインストレーションがこれらバージョンのいずれかにアップグレードされることを強く推奨している。GitLab.comは、パッチが適用されたバージョンで稼働しているという。

 今回のリリースは12の問題に対処しており、深刻度は中程度が9件、低程度が3件だった。

 その中の一つである、グループサービスアカウントを経由して内部アクセスできるよう「外部ユーザー」に対する特権昇格は、GitLab EEで発見されており、バージョン16.1から16.1.5以前まで、16.2から16.2.5以前、16.3から16.3.1以前までの全てに影響する。

 外部ユーザーがいずれかのグループでオーナー権限を与えられた場合、インスタンスにおける自身の特権をグループ内でサービスアカウントを作成することで昇格させることができる。このサービスアカウントは外部とは分類されず、内部プロジェクトへのアクセスで使われる可能性があるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]