アドビ、生成AIツール搭載の「Photoshop」ウェブ版を正式リリース

David Lumb (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2023-09-29 11:12

 Adobeは、1年以上にわたるベータテストを終え、「Photoshop web版」の正式リリースを「Code Conference 2023」で発表した。ウェブ版Photoshopはすでに提供が始まっているが、残念なことに、2022年6月に同社が一部の市場でテストを開始した機能限定ながら無料のものは、新しいウェブ版に取って代わられるようだ。

Adobeのロゴを表示したスマホ
提供:Budrul Chukrut/Getty Images

 Adobeでシニアバイスプレジデントを務めるAshley Still氏は、米国時間9月27日遅くにCode Conferenceのステージ上で今回の発表を伝える際、ウェブ版のPhotoshopはどのブラウザーからも利用できると説明した。

 Still氏によると、ブラウザー内で作成や編集ができるだけでなく、「30年前のPSDファイルでも、半年前のファイルでも、以前にPhotoshopで作成したあらゆるファイルを開く」こともできるという。

 また、ウェブ版Photoshopのユーザーは、Adobeの生成人工知能(AI)「Firefly」を利用した生成AIツール「生成塗りつぶし(Generative Fill)」「生成拡張(Generative Expand)」を利用できる。これらのAIツールを使うと、元の画像の大きさ以上に画像のサイズを拡張し、空白となった周縁部をAIが生成した画像で埋めることができる。「Google Pixel」の「消しゴムマジック」のように画像内の物を削除できる機能もある。

 The Vergeによると、ウェブ版Photoshopでは、刷新されたレイアウトでユーザー体験が効率化されているという。ウェブサイトから7日間の無料トライアル版に登録できる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]