「Google Meet」、外見補正機能を導入--モバイル版から

Artie Beaty (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-10-24 12:31

 Googleは米国時間10月18日、「Google Workspace」のアップデート情報の中で、「Google Meet」にポートレートレタッチ機能が追加されたことを明らかにした。この機能は現在、モバイルデバイス向けに順次展開されている最中だ。レタッチ機能には2つのモードが用意されており、モードによって提供される補正の強度が異なっている。

google meetについての発表の様子
提供:Google

 「ナチュラル」モードでは、「非常に軽い肌の色のスムーシング、目の下の色の補正、白目のホワイトニング」を行う。また「スムーズ」モードではそれらの効果が少し強まる。

 Googleは、通常時の外見を改善したい場合だけでなく、運動後すぐにミーティングに参加する場合や、病気から回復中の場合、長旅で時差ぼけになっている場合などにこの機能を利用することを勧めている。簡単に言えば、自分がベストな状態ではないかもしれないと感じたら、いつでもこの機能が使えるということだ。

 Google Meetには、すでに不要な周囲の音を除去してくれるノイズキャンセリング機能や、周囲の明かりが不足している場合に明るさを調整する機能が搭載されている。しかし、人の外見を補正する機能が導入されるのはこれが初めてだ。「Zoom」には以前から同様の機能がある。

 この機能はデフォルトではオフになっており、使用するにはユーザーが有効にする必要がある。この機能は、ミーティング中かグリーンルームにいるときにしか利用できない。有効にするには、画面をタップして「その他」(三点ドット)アイコンから「設定」を選び、レタッチの設定を選択すればいい。

 ポートレートレタッチ機能は、デスクトップでは年内に、モバイルでは10月28日までに利用できるようになる予定だ。「Business Standard」「Business Plus」「Enterprise Essentials」「Enterprise Starter」「Enterprise Standard」「Enterprise Plus」「Education Plus」「Teaching & Learning Upgrade」「Google One」「Google Workspace Individual」のすべてのユーザーに提供される。一方、個人のGoogleアカウントではこの機能は利用できない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]