契約CLM「ContractS CLM」、「Word」ファイル間の差分比較が可能に

河部恭紀 (編集部)

2024-02-28 11:09

 ContractSは2月27日、契約ライフサイクルマネジメント(CLM)システム「ContractS CLM」で「Microsoft Word」形式のファイル同士で差分比較を可能にする機能を追加した。

 契約関連業務において、バージョン間の変更点を確認する場面は多く、従来は目視で変更箇所を探し、変更内容を判断するために人の手による確認作業が必要だったとContractSは述べる。しかし、この方法では時間がかかるだけでなく、差異を見逃す可能性もあり、結果として自社に不利な条件で契約が締結されるリスクを伴うという。

 今回追加された機能により、差分比較を漏らさず短時間で確認できるため、リスクを軽減しながら業務を効率化し、差分があった場合に法務部や事業部が最適な対応を迅速に行うことを可能にする。

 同機能は、変更履歴タブで「差分を比較」ボタンをクリックすることで利用できる。比較する文章を選び、比較結果を表示させる。比較元との差分では、削除部分が打ち消し線、追記部分は赤字で表示される。

画像1
出典:ContractS
画像2
出典:ContractS
画像3
出典:ContractS

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]