編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

 OSS(オープンソースソフトウェア)が持つ革新スピードは、昨今の事業環境を勝ち抜く必要不可欠な武器となっている。レッドハットとOSSのコミュニティは常に技術進化に取り組み続けており、その成果をいち早く、かつエンタープライズレベルで堅牢に利用できるように提供されるのが強みだ。OSSでありつつ安定的なサポートも受けられ、構築後の運用面においても有利なポイントが多い。

 イノベーションを起こすためにクラウドネイティブという考え方がデファクトスタンダードになってきている。そのような中、レッドハットが提唱する「オープンハイブリッドクラウド」は、2025年の崖を超える上でも非常に強力な武器となり得る。

 そこで本企画では、「オープンハイブリッドクラウド」を実現するための3つの領域である、クラウドインフラ、クラウドネイティブなアプリケーション開発、運用自動化・クラウド管理をOSSで実現するメリットと具体的なレッドハット製品群を取り上げ、解説する。クラウドインフラのデファクトなるLinuxをベースとしたコンテナ基盤から、従来型の仮想化及びプライベートクラウド基盤であるOpenStack、更にはマイクロサービスやAPIなどのアプリケーション開発、ITインフラの運用自動化など誰もが直面するキーワードについて、そのヒントが見つかるはずだ。

関連ホワイトペーパー

関連コンテンツ

運用自動化

クラウドインフラ

アプリケーション開発

その他

提供:レッドハット株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部   掲載内容有効期限:2020年12月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]