編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

レッドハット、「JBoss EAP 7」と「JBoss Core Services Collection」の提供を開始

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-06-28 11:41

 Red Hatは米国時間6月27日、カリフォルニア州サンフランシスコで開催中の「Red Hat Summit 2016」において「Red Hat JBoss Enterprise Application Platform(EAP)7」の提供を開始したと発表した。また同社は、JBossを用いたエンタープライズアプリケーションの開発を支援する「JBoss Core Services Collection」の提供開始についても発表した。

 JBossは「Java Enterprise Edition(EE)7」に準拠したオープンソースのアプリケーションサーバだ。またJBoss EAP 7には、広く普及しているJava EE 7 APIも含まれている。このミドルウェアスタックは、軽量かつモジュール性の高い、クラウドネイティブなプラットフォームを用いることで、Javaのサーバアプリケーションをサーバ上からクラウド上に移行しようとする企業を支援するものとなる。

 JBoss EAP 7はクラウド環境に最適化されており、特にRed Hatのホスト型PaaS製品である「Red Hat OpenShift」とともに利用することを念頭に置いた製品となっている。

 Red Hatは、OpenShiftとともにJBoss EAP 7を使用することで、コンテナやロードバランシング、エラスティックな(弾力性のある)スケーラビリティ、クラウドの運用状況監視、統合開発環境(IDE)からコンテナへの直接配備といったメリットを享受できるようになると述べている。要するに、OpenShiftとJBoss EAPを組み合わせることで、開発者は生産性を大きく向上できるようになるというわけだ。

 また、OpenShiftとJBoss EAP 7の採用によって、アーキテクチャ面から見て効率の高いDevOps環境も実現できる。さらに、JBoss EAP 7には「JBoss Developer Studio」という独自のIDEも含まれている。

 JBossやRed Hat Developerコミュニティーのメンバーは、このIDEを無償で使用でき、オンプレミスやクラウド上のアプリケーションの開発やテスト、配備を行えるようになる。またJBoss EAPは、「Jenkins」や「Arquillian」「Maven」をはじめとする、一般的なウェブアプリのフレームワークやJavaScriptのフレームワークをサポートしている。詰まるところ、JBoss EAPはクラウド向けの、完全なJava EEミドルウェアスタックと開発ツールを提供しているというわけだ。

 とは言うものの、Red Hatはサーバ環境の顧客を見捨てたわけではない。

 Red Hatは今回、JBoss Core Services Collectionも発表した。これにより、エンタープライズアプリケーション向けの一般的かつ基本的なビルディングブロック(構成部品)が提供される。これらには、ウェブのシングルサインオンや、HTTPのロードバランシング、プロキシ、アプリケーションやサービスの管理および監視といった機能が含まれている。JBoss Core Services Collectionは「Red Hat JBoss Middleware」サブスクリプションの一部として追加費用なしに利用できる。また、各コンポーネントのバージョンごとに、オンラインや電話でのサポートや、アップデート、パッチ、セキュリティフィックスといったものも提供される。

 さらにJBoss Core Services Collectionでは、Red Hat JBossのミドルウェア製品すべてをダッシュボードから一元管理できる「Red Hat JBoss Operations Network」も完全サポートされている。JBoss Core Services Collectionのサブスクリプションには以下のサービスが含まれている。

  • JBoss Operations Network:JBossのミドルウェアとJavaアプリケーションを管理するための監視および管理用サーバ。
  • JBossの「Keycloak」プロジェクトに基づく、シングルサインオンを実現するサーバ:これにより、Security Assertion Markup Language(SAML)ベースの認証やOAuth、認証管理を簡素化するためのその他のオープンなプロトコルがサポートされる。
  • 定番の「Apache HTTP」サーバ。
  • 「Apache Commons」の「Jsvc」デーモン:これによりUNIXベースのシステム上で稼働するJavaのパフォーマンスが最適化される。
  • Microsoftの「IIS」や、Oracleの「Oracle iPlanet Web Server」といったその他のウェブサーバに対するコネクタ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]