編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

パブリックとプライベートは補完関係--レッドハット、OpenStackディストロ新版

五味明子

2016-05-18 15:00

 レッドハットは5月17日、同社のOpenStackディストリビューションの最新版「Red Hat OpenStack Platform 8」とRed Hatの各種クラウドテクノロジをひとつのスイートに統合した「Red Hat Cloud Suite」の2つを発表した。

 提供価格は、Red Hat Open Stack Platform 8については前版から据え置きの50万6900円から、Red Hat Cloud Suiteが166万3900円から。

レッドハット 執行役員 サービス事業統括本部長 水橋久人氏
レッドハット 執行役員 サービス事業統括本部長 水橋久人氏

 執行役員でサービス事業統括本部長の水橋久人氏は「Red Hatのクラウド(OpenStack)ビジネスは前年に比べて3倍に成長したが、特に2015年第4四半期(2015年12月~2016年2月)の伸びは著しく、この時期だけでクラウドビジネスにおける年間の半分以上の収益を上げている。これはつまり、OpenStackのPoC(Proof of Concept:概念実証)もやりつつ、本番導入で業務に適用している企業が増えているということ。この勢いを続けながら今年度はOpenStack市場でマーケットシェアもマインドシェアもトップになることを目指す」と語り、OpenStackにさらにフォーカスする姿勢を明らかにしている。

 レッドハットが提供するクラウド製品は大きく3つのラインナップに分かれている。Red Hat Enterprise Linux(RHEL)とOpenStackで構成される「Red Hat OpenStack Platform(OSP)」、OSPに仮想化環境(Red Hat Enterprise Virtualization)と管理ツール(Red Hat Satellite)、運用管理サービス(Red Hat Insights)を加えた「Red Hat Cloud Infrastructure」。そして今回からラインアップに加わった「Red Hat Cloud Suite」は、Cloud Infrastructureにコンテナアプリケーションプラットフォーム(OpenShift Enterprise)を含んだ年間サブスクリプション形式での提供となる。

Red Hatのクラウドソリューションのラインナップは全部で3つに
Red Hatのクラウドソリューションのラインナップは全部で3つに

 今回発表されたOpenStack Platform 8は2015年10月にリリースされたオープンソースプロダクトの「OpenStack Liberty」をベースにしており、並行して開発されたRHEL 7.2とともに提供される。RHELとの最適化を図るため、クラウドストレージには64Tバイトのソフトウェアディファインドストレージ(SDS)「Red Hat Ceph Storage」を、さらに管理機能としてLinuxとWindowsの両方のワークロードを管理する「Red Hat CloudForms」を、それぞれネイティブに包含している。

 前版からの変更として、アップグレードやアップデートの自動化を実現しダウンタイムを最小化する「OSP Director(TripleO)」の実装、IPv6対応の拡張、Open vSwitchの性能と安定性の向上などが行われている。新たなテクニカルプレビュー(サポート未対応の技術)としてベンチマークサービスの「Rally」、OpenStack自体のDockerコンテナ化プロジェクト「kolla」、SDN(ソフトウェアディファインドネットワーク)構築のための「OpenDaylight」などが搭載されている。

Red Hat OpenStack Platform 8の構成。RHELの上に構築されたLivertyベースのIaaS環境
Red Hat OpenStack Platform 8の構成。RHELの上に構築されたLivertyベースのIaaS環境

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]