編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

OpenStack専業ベンダー Mirantisの謎を解き明かす(後編)

松下康之

2016-05-11 07:00

 前編に引き続き、OpenStack専業ベンダー Mirantisを探る記事の後編ではインタビューを紹介する。まず話を聞いたのはKamesh Pemmaraju氏だ。役職はVP of Product Marketing and Technology Alliances、つまり製品企画のトップである。しかしTechnology Alliancesとあるように製品のマーケティングだけではなくパートナーマーケティングも含むという。


Kamesh Pemmaraju氏(VP of Product Marketing and Technology Alliances)

 元DellでOpenStackを担当しており、かなり早い時期からOpenStackをビジネスとして扱っていて、OpenStack Summitも過去に11回も参加しているという。Dell在籍時はOpenStack戦略の製品責任者でもあったわけだ。

 Pemmaraju氏によればMirantisの売り上げはトレーニング、OpenStack導入や運用に関わるプロフェッショナルサービス、製品サポートのサブスクリプションの3つで成り立っている。

 サブスクリプションはオープンソースソフトウェア自体のサポートを担うもので他にはRed HatやCanonicalなども提供している。ライセンス価格がないオープンソースではよく見られるサービスだ。

 トレーニングとサブスクリプションは判りやすいが、Mirantisにおけるプロフェショナルサービスはコンサルティングからカスタムメイドのコンポーネントの開発までと非常に幅広い。

 要はOpenStackを使ったプライベートクラウドを構築するためにヒアリングから始まって、足らないものは顧客と一緒に作るという部分まで含まれている。

 その状況で開発したものはUpstream(OpenStack Foundationが管理する最新のコード)に還元する場合もあるが、それはケースバイケースということだ。

 さらに製品のサポートにおいて平日、9時~18時という通常のサポートに加え、24時間365日のサポート、さらにプロアクティブサービスというサービスメニューが存在している。これはMirantisのエンジニアがオンサイトに常駐して、常に顧客の運用するOpenStackの状態をモニタリングするというものだ。

 その他にもStackLightというロギングツールを利用してOpenStackクラスタを監視することも可能で、StackLightはMirantis OpenStack 8.0にも含まれている。

 ここでもMirantisは顧客に向かって必要なものは全て用意するという強い意志を感じるのだ。ここでもMirantisの言うPure Playは「ベンダーロックインをしないという意味である」ということが強調された。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]