OpenStack Summit

CoreOS、Kubernetesを使ってOpenStackをコンテナとして動かす「Stackanetes」を発表

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年04月27日 10時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米テキサス州オースティン発--「OpenStack Summit」でCoreOSの最高経営責任者(CEO)、Alex Polvi氏は、Googleのコンテナ管理システム「Kubernetes」で管理されているコンテナで「OpenStack」を動かすというデモを披露した。約7000人を前に、デモは成功した。

 単にOpenStackを動かすだけでなく、Polvi氏はOpenStackインスタンスを削除するとシステムが自動的にそれらを再スタートする様子もデモしてみせた。


提供:sjvn

 このコンテナとクラウドのマッシュアップは「Stackanetes」という。CoreOSはコンテナ化されたアプリケーションとしてOpenStackを実装・管理できることを披露してみせた。Kubernetes下のコンテナとして、Stacknetesは動的な管理、自己修復型の実装、容易なアップグレードに利用できるという。

 OpenStackのような主要なプロジェクトがコンテナで動く。すばらしいことのように聞こえるが、Polvi氏は基調講演中、「重要なこととして、OpenStackはソフトウェアにすぎない」と繰り返し強調した。CoreOSチームはわずか3週間で構築したという。Stackanetesのコードは間もなく、GitHubで公開される予定だ。

 今後の計画として、CoreOSはOpenStackコミュニティーと協力してStackanetesをアップストリームのOpenStackに統合させるという。現在、CoreOSの「Tectonic」上で動くKubernetesで管理されたOpenStack向けのプロトタイプを利用できる。

 TectonicとStackanetesとの組み合わせにより、企業は以下のようなメリットを受けられるという。

  • 実装からアップグレードまで、OpenStackサービスのライフスタイル管理を簡素化できる
  • IaaSとコンテナのワークロードの両方で単一のプラットフォームを利用して一貫性のある管理ができる
  • 自社データセンター環境内でOpenStack IaaSを容易に拡張、運用、回復できる

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算