OpenStack専業ベンダー Mirantisの謎を解き明かす(前編)

松下康之 2016年05月10日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OpenStack Summit Austin 2016で注目の的となった企業と言えば米Mirantis(OpenStack商用ディストリビューション「Mirantis OpenStack」などを提供している企業)だろう。

 初日に導入事例のステージに立ったAT&Tが(Mirantisが立ち上げたプロジェクトである)OpenStackインストーラ「Fuel」を必須のモジュールとして紹介

 VolkswagenがOpenStack導入のパートナーとしてMirantisを挙げ、さらにMirantis最高マーケティング責任者(CMO)のBoris Renski氏が10分間時間を与えられ、クマの着ぐるみを連れて型破りなプレゼンテーションを実施した。

 これらのことからOpenStackをよく知るエンジニアからビジネスデベロップメント、マーケティングなどの仕事に関わる少なからずの参加者がMirantisがRed HatやIBMなどの大手と同等の扱いを受けていることを認識しただろう。


ド派手な演出のMirantisブース

 しかし同社の実態は日本ではなかなか伺い知ることは難しい。この記事では今回のサミットに合わせて集中的にMirantisのさまざまな部門の人間に話を聞いたその内容をサマリでお届けしよう。これでMirantisの活動について理解が進むことを望みたい。

 まずもう一度、OpenStack Summit Austin 2016の初日に実施されたBoris Renski氏のキーノートの内容を振り返ろう。このプレゼンテーションの要点は2つ。

 1つはプライベートクラウドを企業が持つ理由はシンプルであり、Amazon Web Survices(AWS)などのパブリッククラウドよりも安く構築&運用ができること、そしてベンダーロックインされないことだ。これに関して異論を唱える人は少ないだろう。

 ただし2つ目がMirantisのユニークなところであった。Gartnerの調査結果を引用して、プライベートクラウドの導入で失敗する理由の90%は人とプロセスに起因するものであり、純粋なテクノロジの選択ミスなどは10%程度と紹介。OpenStack成功の秘訣はテクノロジではないということを強調したのだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算