GraniteBay

用語の解説

GraniteBayとは

(グラナイトベイ)
GraniteBayとは、2002年11月19日にIntel社によって発表されたエントリーワークステーション向けチップセットの開発コードネームである。
PC2100 DDR SDRAM(DDR266)のデュアルチャネルで、最大4.2GB/秒のデータ転送速度を持っている。 同社製のPentium 4用チップセットとして、DDR SDRAMのデュアルチャネル動作に初めて対応したモデルである。 また、ノースブリッジ(同社の呼称ではmemory controller hub)はE7205、「I/O controller hub」と呼ばれるサウスブリッジにはICH4が用いられており、フロントサイドバス(FSB)は533MHzで、AGPは8Xモードに対応している。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]