Green500

用語の解説

Green500とは

(グリーン500)
Green 500とは、Green500.orgによって主催されている、世界のスーパーコンピュータの電力効率の良さを競うランキングのことである。
Green500は、「スーパーコンピュータTOP500」の省エネ版と位置付けることができる。 スーパーコンピュータTOP500が、スーパーコンピュータの純粋な演算能力を競うランキングであるのに対して、Green500では単位電力当りに処理する演算回数をパフォーマンスの基準とし、ランク付けされている。 Green500におけるランク付けの対象は、スーパーコンピュータTOP500にエントリーしているシステムで、2008年現在では「MFLOPS/W(ワット)」を主な単位としている。 2008年2月のGreen500でトップとなったのは、イギリスの科学技術施設会議(STFC)が保有しているIBM Blue GeneシリーズのBlue Gene/Pで、電力効率は357.23MFLOPS/Wだった。 同時期に発表されたスーパーコンピュータTOP500では、同システムは121位にランク付けされていた。 Green500は、バージニア工科大学のフェン(Wu-chun Feng)博士によって2005年4月に行われた基調講演を基に発足した。 2007年1月に初めてランキングが発表されている。 ランキングは毎年1月、6月、11月と年3回発表される。 Green500は、スーパーコンピュータにおけるグリーンITの指標として、今後注目されていくと見られている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]