SAPI

用語の解説

SAPIとは

(サピ,)
SAPIとは、Windows上でアプリケーションに音声認識や音声入力などの機能を追加するためのAPIのことである。
Microsoftによって開発された。 SAPIを利用することによって、声による命令でアプリケーションを制御操作できたり、各出力を、音声として表現させたりすることが可能になる。 合成エンジンや音声認識プログラムを手軽に利用しながらアプリケーションを作成することが可能になる。 2007年10月現在、SAPIはバージョン5.3までリリースされている。 ちなみに音声には複数の声音が登録されており、SAPI 5では「Anna」がデフォルトで設定されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]