SCM

用語の解説

SCMとは

(SCM)
SCM(Supply Chain Management、サプライ・チェーン管理)。
企業活動の流通フローを構成する取引先企業を管理し、企業間取引を効率化する経営手法を指す。 具体的なSCMの姿は、受発注や物流や決済の仕組みを全取引先で共通化・電子化することで、企業間での諸手続きにかかる速度を上げてコストを削減することである。 製造業者や小売業者がSCMを導入し、取引先となる卸業者の情報システムを自社のSCMに合わせて構築する場合が多い。

  powered by. ZDNET Japan

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]