Sky FEED

用語の解説

Sky FEEDとは

(スカイフィード)
Sky FEEDとは、「RSSソリューションシステム」と呼ばれる、複数のWebサイトの更新情報を集約したWebサイトを自動で構築したり、RSSを配信していない既存のWebサイトからRSSを自動で生成、配信できるシステムの名称である。
スカイアークシステム社が開発したもので、2005年8月25日にベータ版が公開された。 翌9月中旬は正式にリリースされる予定である。 Sky FDDEを用いると、従来式のHTMLで構成されたWebページからRSSを自動的に生成させることが可能となる。 自動生成されるとSky FEEDから専用のURLが発行され、そのURLをWebサイトに埋め込むことによってRSSの配信を行なうことができる。 複数のコンテンツにRSSを設置すると、Sky FEEDは自動巡回を行う。 巡回先のRSSが更新されたときには、Sky FEEDで作られたWebページのトップページも自動的に更新される仕組みである。 これによって、Webページの管理者が更新を行なうに費やす負担を大幅に削減できる。 RSSの登録によってポータルサイトを構築することも可能である。 この他、アクセス解析機能も備わっており、RSSごとの日・週・月別アクセス数をグラフ表示させることなどができる。 Sky FEEDのライセンスは、基本となるパッケージが1サーバー(RSS数は10個まで)で42万円となっている。 追加ライセンスは(RSSを5個追加するごとに)5万2500円となる。 その他、年間保守費用としての費用も別途かかる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]