TTP

用語の解説

TTPとは

(信頼デキル第三者機関,)
TTPとは、電子認証において電子証明書の発行などを行うための、信頼性を持った機関の総称である。
TTPはキーエスクローやキーリカバリーなどのサービスにおいて暗号鍵を管理する役割を受け持っている。 TTPにはユーザーとの利害関係がなく中立的な立場であること、またやり取りされるデータに関与しないことなどが条件として求められる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]