編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

UML技術者資格試験アドバンスト

用語の解説

UML技術者資格試験アドバンストとは

(ユーエムエルギジュツシャシカクシケンアドバンスト,OMG-Certified UML Professional Advanced,)
UML技術者資格試験アドバンストとは、コンピューターアプリケーションなどにおける標準化の普及を目指す非営利団体「OMG(Object Management Group)」が実施する、UML技術者資格試験のうちの一つである。
日本を含めたアジア全域では、UML教育研究所がOMGの代表機関として試験の開発や提供を行っている。 UML技術者資格試験アドバンストは、OMGが認定するUML技術者資格試験の中で、最高難易度の3段階目である。 試験ではUML技術者資格試験ファンダメンタル、UML技術者資格試験インターメディエイトよりもさらにUML全般にわたる知識や理解力が求められる。 UMLモデルの応用的な利用や開発、OCLと呼ばれるオブジェクト制約言語も対象であり、より高度な内容になっている。 UML技術者資格試験アドバンストは、UML技術者資格試験ファンダメンタルとUML技術者資格試験インターメディエイトに合格した後に認定される。 OMGの認定するUML技術者資格試験プログラムは2011年1月現在、世界130カ国以上で導入されているため、世界レベルで通用する資格となっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]