UUCP

用語の解説

UUCPとは

(ユーユーシーピー,)
UUCPとは、UNIXマシンどうしが電話回線上でファイルを転送するために利用されるプロトコルのことである。
一定間隔ごとに、あるいはユーザーの要求に応じて、電話回線上でバケツリレー式にファイルを交換し合うことで通信する。 UUCPは、1970年代に登場したUNIX機で初めて装備され、電子メールやインターネットニュースの配信などに利用されていた。 LANや専用線が普及した現在では、利用されることがない。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]