soribada

用語の解説

soribadaとは

(ソリバダ)
soribadaとは、韓国で流通しているファイル交換ソフトの名称である。
ヤン兄弟によって開発され、2000年5月より提供が開始された。 soribadaはMP3形式の音声ファイルを無料で交換できるもので、「韓国版Napster」とも呼ばれる支持を集め、登録者も2200万人を上回る人気を博した。 しかし、そこには著作権の問題が顧みられていないとして、ソウル市の検察所は2002年7月に著作権法違反幇助の疑いによって起訴した。 同年7月末には、裁判所からサービスの停止命令が出されている。 しかし停止命令の約ひと月後、ヤン兄弟は突如soribadaのプログラムをアップデートし、「soribada 2」としてサービスを再開した。 このsoribada 2に対しても別途に訴訟が起こされたが、そこでは第一審、控訴審と続けて「サービスそのものは有罪に当たらない」という判決が下された。 以来、soribadaは事実上の合法なサービスとして存続している。 ただし、2005年8月末には、再び、「ソリバダ」サービス(ソリバダ3)の中止仮処分決定が裁判所から出されており、三度関心を集めている。 soribadaの普及と司法からの処分、ならびに再興、これらは韓国におけるインターネット網の整備と、著作権に対しての緩やかな認識、それに対する厳格化の動きなどが独特の背景としてある。 日本を初めとする各国は、やがて予想されるインターネット音楽配信の到来しつつある姿として、盛んに議論されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]