サン、ついにSolaris 10を無償公開

Stephen Shankland(CNET News.com) 2005年02月02日 16時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsが公約通り、Solarisの最新バージョンを無償で公開した。

 同社は米国時間1月31日夜、Solaris 10を公開し、登録者が無償でダウンロードできるようにした。Solarisは営利/非営利といった目的の違いにかかわらずだれでも利用することができ、セキュリティ関連の修正もSunが提供する。ただし、バグ修正やサポートが必要な場合はSunとサポート契約を結ぶ必要がある。

 Solaris 10は、同社がLinuxやWindowsに対抗し、また競合するUnix勢--IBMのAIXやHewlett-Packard(HP)のHP-UXから首位の座を守るために極めて重大な役割を担うものだ。今回の試みでは、主要技術アップグレード、無償ライセンス、そしてSunによる同ソフトウェアの開発を支援するオープンソースコミュニティ構築活動なども行われる。

 Sunは、最大4プロセッサを搭載するサーバに年間契約でサポートを販売するが、この価格は基本サポートがプロセッサあたり年間120ドル、標準サポートが同240ドル、プレミアムサポートが同360ドルとなっている。また、ユーザー全員にセキュリティ修正を自動提供するSun Update Connectionというサービスは2005年中旬に開始される、と同社は述べている。

 Sunでは、同ソフトウェアを無償のオープンソースとすることで、新規顧客、ソフトウェア開発者、ビジネスパートナーをSolaris陣営に引き付けられると考えている。Sunは1月、OpenSolarisプロジェクトを通じてソースコードを第2四半期にすべて公開することを明らかにしている。

 しかし、Solarisには強敵が待ち受けている。なかでも最大のライバルであるLinuxには、数十社のIT関連企業が支援を行っている。Meta Groupの予測によると、データベース市場におけるLinuxの普及率は、Unixシステムからの乗り換えを中心に、現在の約8〜9%から2007年には25%にまで拡大するという。

  今回Solarisでは以下の機能が追加されている。

  • 64ビット対応のx86プロセッサをサポート。Red HatやNovellのSuSEから出されているLinuxパッケージは、IntelのXeonやAMDのOpteronなど、64ビット拡張機能に対応するx86プロセッサをサポートしている。これに対し、Windowsによるサポートは2005年前半にずれ込んでおり、またIBMやHPのUnixはこれらのプロセッサ上では動作しない。Sun自体もx86プロセッサのサポートをほとんど取り止めていたが、現在では熱心に支持するようになっている。
  • 「Solaris Containers」は、これまで「N1 Grid Containers」と呼ばれていた技術で、1つのオペレーティングシステム(OS)を複数に分割し、各ユーザーがそれぞれ別のマシンを利用しているようにみせるもの。この機能でマルチタスクの処理能力が向上するため、システムをさらに効率的に利用できるようになる。
  • 「DTrace」もしくは「Dynamic Tracing」という機能は、技術的な知識のあるユーザーがシステムの稼働状態を監視し、ボトルネックや他の問題を見つけだすためのもの。これはオープンソースソフトとしてこれまでにリリースされていた唯一のコンポーネントだ。
  • Zettabyte File System(ZFS) はハードディスク上でのデータの保存方法に新たなレベルの信頼性をもたらすもの。ZFSはまたフォーマットの違いを気にせず使えるため、たとえばx86チップ上で動作するSolarisとUltraSparcで動くSolarisで、同じストレージシステムが利用できる。ZFSは今後のアップデートで登場する。
  • Linux Application Environmentは、開発コード名「Janus」と呼ばれていたもので、Red Hat Linux用に書かれたプログラムを、そのまま手を加えずにx86サーバ用Solarisでも利用できるようにするもの。Janusは今後のアップデートで使えるようになるほか、Linuxの他のバージョンにもサポート対象を拡げることになっている。
  • Project FireEngineは、性能向上を狙いとしたネットワーク用ソフトウェアの改訂版で、「Slowlaris」の異名をとる同OSの汚名返上に役立つと見られる。
  • Process Rights Managementは、攻撃者による脆弱性悪用を難しくするための技術。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化