米英の議員団体、スパム対策で提携

Dan Ilett(ZDNet UK) 2005年03月28日 16時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 議員にインターネットについて啓蒙し、インターネットの発展を支援する議員会議(コーカス)Congressional Internet Caucusと英国の同等組織All Party Parliamentary Internet Groupがチームを組み、スパム撲滅に乗り出すことになった。

 この動きは、電子商取引における両国間のやり取りを改善するだけでなく、大量に送られる迷惑メールを取り締まる法律の強化にもつながると、英All Party Parliamentary Internet Groupの会長Derek Wyattは説明する。

 「両国間でスパム対策のベストプラクティスを共有できる」とWyattはZDNet UKに語る。「また、年に一度、英国か米国で共同の会合を開くことにしている。このような取り組みは、スパムやスピム(IM経由のスパム)対策に大きく寄与することだろう」(Wyatt)。

 Wyattが最初にスパム撲滅に乗り出したのは2年前のことだ。当時、Wyattは1人のユーザーとして迷惑メールに嫌悪感を抱いたという。

 Wyattは現地時間4月5日、コンピュータ不正使用法(Computer Misuse Act)の改正を議論するための法案を議会に提出する予定だ。All Party Parliamentary Internet Groupは、DoS攻撃を犯罪行為として扱うことや、ハッキング犯罪者に言い渡される懲役期間を1年から2年に伸ばすことを求めている。同グループは、刑罰を重くすることで、ハッキング行為を両国間の犯人引渡条約の対象にしたいと考えている。

 米国で1996年に設立されたCongressional Internet Caucusは、セキュリティ、デジタル著作権管理(DRM)、無線技術といったさまざまなテーマを取り扱っている。二大政党からなる同コーカスは170人の上院議員および下院議員をメンバーに抱え、多くの技術企業を含む大規模な諮問委員会も持つ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算