「公正な扱いを受けていない」:クウェスト、MCIに買収を再提案へ

Marguerite Reardon (CNET News.com) 2005年02月23日 15時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The Wall Street Journalの報道によると、Qwest Communications Internationalが長距離電話会社MCIに対する新しい買収提案を今週中に行う計画だという。

 先週、QwestのCEOはMCIの取締役会宛てに、同社が買収の再提案を準備していることを記した書簡を送付した。Qwestはまた、証券取引委員会(SEC)に提出した文書のなかで、MCIに当初行っていた買収提案の詳細も明らかにした。同社は当初、80億ドルでMCIを買収する提案を行っている。これは、Verizon Communicationsの提示額67億5000万ドルよりもはるかに高額である。それにも関わらず、MCIはVerizonに買収される道を選択した。

 Qwestは、MCI取締役会に宛てた書簡の中で、自社が今回の買収交渉で公正な扱いを受けていないと抗議した。MCIの大株主のうちの4名は、同社取締役会が価格の低い方の提案を選択したことに対する不満を表明している。ほかの株主の一部は、Verizonの買収を阻止するために、MCI取締役会を提訴した。

 しかしアナリストは、Qwestの提示額の方が高くても、財務状況のより強固なVerizonに買収される方が良いと述べる。

 「投資家は常により多く儲けたいと考えている」と投資会社Parker/HunterのアナリストWayne Homrenは述べる。「それに対し、取締役会はたくさん要素を考える必要がある。MCI取締役会が既に決断を下している中、Qwestの再提案にどの程度の影響力があるのかは分からない」(Homren)

 VerizonとMCIはこの件に関するコメントを差し控えた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算