VA LinuxがLinux障害解析/カーネル修正サービスをメニュー化

日川佳三(編集部)

2005-04-05 20:49

 Linuxカーネル開発を中心とするソフト開発と技術コンサルティングを手がけるVA Linux Systems Japanは4月5日、SIベンダーなどLinuxシステムの開発者向けに、Linuxの障害解析/修正サービス「VA Quest(Linuxカーネル障害解析サービス)」を開始した。価格は月額25万円から。

 従来は個別に対応してきたサービスだが、今回新たにサービスをメニュー化してユーザーから利用しやすくした。メニューは管理対象となるLinux機の台数によって、シルバー、ゴールド、プラチナの3段階を用意。10台までのシルバーが月額25万円、40台までのゴールドが月額70万円、台数無制限のプラチナが月額150万円である。

 VA Questは、障害時にカーネルが出力したメモリダンプを分析して障害原因を特定し、回避方法の提案やLinuxカーネルのソース・コードの修正などを実施するサービス。カーネルのソースの修正はLinux OSに成熟したCプログラマでなければ難しい作業であり、SIベンダーやユーザー企業みずからが実施するのは敷居が高かった。

 今回VA Questの提供にあたり同社はカーネル解析ユニットを新設し、専任の解析要員を5人配置した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]