SAS、BI製品の最新版を発表--使い勝手改善でコグノスらと直接対決へ

Martin LaMonica (CNET News.com) 2005年04月12日 19時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAS Instituteは米国時間11日、ビジネスインテリジェンス(BI)ソフトウェアスイート「SAS Enterprise BI Server」の最新版を発表した。同製品を導入すると、バックエンドのデータソースにクエリを行い、保存された情報を分析したり、レポートを作成したりすることができる。

 同社幹部によると、最新版では使い勝手の改善に力を入れたという。最新版には、ユーザーが本格的な技術トレーニングを受けなくても使えるような視覚的なツールが搭載されている。

 「長いこと、ハイエンド向けのデータ解析ツールを提供してきた。そろそろ顧客のすそ野を広げたいと考えている」とSASの創業者兼CEOのJames Goodnightは述べた。「最新版により、CognosやBusiness Objectsなどの競合との戦いを勝ち抜くことができるようになった」(Goodnight)

 同社のBI製品はこれまで、将来の結果を予想する統計解析などの高度なタスクで用いられてきた。たとえば、通信事業者はSAS製品を利用して、過去の顧客データを分析し、今後どの顧客がサービスを解約しそうかを予測することができる。

 SASが2004年にSAS Enterprise BI Serverをリリースしたときには、同製品は、さまざまな機能を提供するパッケージと位置付けられていた。一方、最新版は、他社のBIソフトウェアと競合することを意識して作り込まれている。

 アナリストらによると、BIは業務アプリケーションの中でも急成長している分野という。企業顧客は、規制に対応したり、トランザクションシステムから価値ある情報を抽出したりする目的で、レポート作成や分析機能を提供するツールに投資している。

 非公開企業であるSASの2004年の売上は15億ドルだったと、Goodnightは述べる。また、同社では2005年も2けた成長を見込んでいるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算