韓国生まれの無線通信規格「WiBro」に注目集まる

CNET News.com Staff

2005-04-13 16:05

 Samsung Electronicsなどの取り組みが奏功し、モバイル端末でエンターテインメントを楽しむための無線通信規格「WiBro」に注目が集まっている。

 WiBroとは、携帯電話などのモバイル端末でテレビを見たり、インターネットを利用したりするのに使われる新興の無線ブロードバンド技術だ。 これまで、Samsungをはじめとする韓国の企業が、同規格の開発を進めてきた。

 WiBroは、無線通信の標準規格WiMaxをベースに開発されている。WiMaxとは、Wi-FiやBluetoothなどの規格よりも広範囲な、数マイル規模のカバーエリアをもった無線通信規格。

 Samsungによると、韓国企業各社はすでにWiBroの商用化に乗り出しているという。同社は12日、WiMax Forumの理事会メンバーに選出されたことも発表している。WiMax ForumにはSamsungのほか、Intel、富士通、Alcatelなどの企業も参加している。

 WiBroの通信速度は700kbpsで、時速40マイル(約64キロメートル)の高速移動中でも途切れることなく通信できることが確認されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]