編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

OSS支援の国産プロジェクト「OSCJ.net」が活動を開始

エースラッシュ

2005-04-15 23:02

 オープンソースソフトウェア(以下、OSS)関連プロジェクトやOSSを支援するIT企業らは4月15日、OSSの普及啓蒙団体「OSCJ.net(Open Source Collaboration Joint Network)」の活動を開始した。初年度の運営委員長は、テンアートニ代表取締役社長の喜多伸夫氏。

 世界では、Apache Software FoundationやEclipse Foundationなどのコミュニティや非営利・営利団体によるOSS開発基盤の提供や情報受発信が行なわれており、日本にも同様の組織が望まれていた。今後、開発基盤や情報受発信をOSCJ.netが行なうことにより、スムーズな支援体制が築かれることが期待されている。

 OSCJ.netは、OSSの普及啓蒙とソフトウェアの技術・産業の発展に貢献することを目的に設立した。「ソフトウェア開発基盤」、「ソフトウェア開発プロジェクト向けサーバハウジング」、「オープンソース関連情報」、「ソフトウェア開発プロジェクト運営支援」などをテーマに掲げる。初年度で10プロジェクト程度を支援する計画である。

 OSCJ.netの運営は、運営委員会、事務局、アドバイザリーボード、協力団体が行う。4月15日現在の参画企業は7社で、以下の通り。オライリー・ジャパン、グルージェント、米CollabNet、コンポーネントスクエア、テックスタイル、日本SGI、びぎねっと。OSCJ.netでは今後もアドバイザリーボードや協力団体への参画を広く呼びかけ、グループの活性化を図る。

テンアートニ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]