マイクロソフト、脆弱性の早期警告プログラムをまもなく開始へ

Dawn Kawamoto (CNET News.com) 2005年05月09日 10時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、不具合の実態を明らかにし、パッチがリリースされるまでの間の次善策を提供するセキュリティ勧告サービスを米国時間10日から開始する。

 Microsoftの関係者によれば、「Microsoft Security Advisories」という同パイロットプログラムは、同社が問題を把握してから1営業日以内に警告を発し、その問題による影響を緩和する方策を提供するものだという。

 Microsoftのセキュリティレスポンスセンターでセキュリティプログラムマネージャを務めるStephen Toulouseは、「こうした勧告サービスを開始することで、セキュリティだけでなく、ほかの事項についてもユーザーに情報提供できるようになるだろう」と述べている。

 同社の今回の発表は、脆弱性に関する情報をいつ、どのように公開すべきかという議論が高まる中で行われた。ソフトウェア業界はこれまで、セキュリティ研究家に対し、「責任ある」方法で情報公開することを求めてきた。これは、ベンダーがセキュリティホールに対するパッチを作成するまで、セキュリティ研究家は問題を公にせず待機するべきだという考え方だ。だが、一部の脆弱性の発見者は、あくまでも情報の「完全」公開にこだわり、問題の発見と同時にその全容を発表している。脆弱性情報が公になれば、ソフトウェアメーカーもすぐに対策を講じざるを得ないというのが彼らの主張だ。

 セキュリティ企業Secuniaは4月、Microsoftの「Office」および「Access」プログラムに影響を及ぼす「非常に重大な」脆弱性に関する警告を発した。当時、Microsoftは同脆弱性に対するパッチを作成していなかった。Secuniaの警告には、この脆弱性を悪用するための攻撃用コードがすでにウェブ上に出回っていることが記されていた。

 Microsoftの新たな勧告プログラムでは、脆弱性には関係しないが、セキュリティ上のリスクとなり得る問題についても警告が出される。例えば、ソーシャルエンジニアリングを利用してユーザーをだまし、機密性の高い情報を漏洩させようとするフィッシング詐欺攻撃はソフトウェアの脆弱性ではないが、Microsoftはこうした問題にも警告を発していくと、同社関係者は話している。

 また、今回の勧告サービスでは、一般に出回ってしまった攻撃用コードや、あるいはリリース済みのアップデートもしくは脆弱性に関連する「脆弱性実証」コードについても、ユーザーに告知するという。

 各警告には、ユーザーが当該の警告に関係する最新情報を確認するための参照用ナンバーが付与される。その後、脆弱性に対応するパッチがリリースされる可能性があるためだ。Microsoftは毎月定期的にセキュリティアップデートを行っている。

 もっとも、勧告ではセキュリティ問題の危険度の評価は行われないと、Toulouseは述べている。同氏によれば、脆弱性だけでなく、セキュリティ関連の悪質ないたずらや、フィッシング攻撃の危険度までも評価できる包括的なシステムを構築するのは困難だという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化