編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

RSAとインテック、シングルサインオン向けに互いのソフトを連携させて提供

ニューズフロント

2005-06-01 15:02

 RSAセキュリティとインテックは6月1日、RSAセキュリティのWebアクセス管理ソフト「RSA ClearTrust」とインテックのプロビジョニングソフト「MaxWare Identity Center(MIC)」の連携機能を強化し、シングルサインオン(SSO)などのユーザー情報&アクセス管理(I&AM)分野向け総合サービスを提供していくと発表した。

 RSA ClearTrustは、複数のシステムがそれぞれ個別に持っているユーザー/アクセス権情報を集約し、一元管理するためのソフト。ただし、RSA ClearTrustだけでは、組織変更や人事異動の際にシステムごとの情報更新を手作業で行う必要があり、管理者の負担を取り除ききれない問題があった。

 MICは、異機種データベース間の同期や、ウェブベースの申請/承認ワークフローの構築を行うためのソフト。RSA ClearTrustと組み合わせて利用すると、システム間のユーザー情報同期/更新処理を自動化できる。その結果、ユーザー管理やアクセス管理の運用負担を大幅に軽減すると同時に、手作業によるミスも防止できる。

 RSA ClearTrustとMICの連携を強化するため、両社はMICに2種類の機能を追加した。概要は以下の通り。

  • RSA ClearTrustのログイン認証を使ったMICワークフロー認証:
    MICの認証方式選択プロパティでRSA ClearTrust認証を選択可能とした。同認証方式を選ぶと、MICのワークフロー画面で一度認証したアカウントならば、認証を繰り返すことなくほかのウェブアプリケーションへのアクセスに使える
  • RSA ClearTrustのユーザーグループパスワードの追加/削除/変更をMICから一元管理:
     RSA ClearTrustのユーザー情報制御用テンプレートをMICに提供。これにより、RSA ClearTrustデータストアー内のユーザー情報をMICから自動更新することで、各システムのユーザー情報を同期できる

RSAセキュリティのプレスリリース

インテック

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]