編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、Office 12でXMLベースのファイルフォーマットを採用へ

Matt Hines(CNET News.com)

2005-06-02 13:16

 Microsoftは米国時間1日、来年発売予定の「Office 12」に含まれるExcel、PowerPoint、Wordの各アプリケーションで、新たにXML(Extensible Markup Language)ベースのファイルフォーマットを採用することを明らかにした。

 Microsoft関係者によると、同社が従来使用してきたバイナリ形式のファイルフォーマットがオープンな標準に基づくXML形式に変更になれば、Office 12を導入する企業ではXMLデータを扱うアプリケーションとOffice 12とのデータのやりとりが容易になるという。

 XMLベースのファイルフォーマットに移行することで、Officeで作成される多くのファイルは、サイズが小さくなり、また壊れにくくなると、Microsoftでは説明している。

 Microsoftの沼本健シニアディレクター(Office System担当)によると、ExcelやWordはすでに一部のXMLデータを扱えるものの、新しいフォーマットが導入された場合には、PowerPointも含む3つのアプリケーションが完全にXML標準に準拠することになるという。新しいフォーマットの最大の利点は、ユーザーが個々のファイルを開かずに各種ドキュメントからデータにアクセスし、その情報を新たな目的に使えるようになることだと同氏は説明する。

 「ドキュメントにバックエンドの複数のデータソースや業務ラインのデータソースを統合するなど、多くのシナリオが考えられる。Excelをバックエンドシステム上にある営業データと接続することもできる。そうなれば、コンテンツとデータの違いを意識しなくても済む」(沼本氏)

 Microsoftは、新しいファイルが既存のドキュメントと互換性を持つことになると述べ、またOffice 2000以降のバージョンを使うユーザーには無償でダウンロードできる「コンバータ」を配布して、新フォーマットのファイルを扱えるようにすると約束した。Office 12では、新しいファイルを使わないという指定も可能だが、2006年後半の出荷時には、先の3つのアプリケーションでXMLフォーマットがデフォルト設定となる。

 さらに、新しいフォーマットを利用するユーザーが古いシステムで作成したドキュメントを開いて保存すると、互換性の問題を簡略化するため、そのファイルは最初に作成したときのフォーマットで保存されるようになる。新フォーマットのファイル拡張子には、Microsoftの既存の表記方法に「x」の文字が付加される。たとえば、Wordで作成したドキュメントにはファイル名に「.docx」の拡張子が付くことになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]