編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ALSI、導入後すぐに運用可能な「DocumentSecurity」アプライアンス版

WebBCN (BCN)

2005-06-09 10:51

 アルプス システム インテグレーション(ALSI、大喜多 晃社長)は、情報漏えい防止ソリューション「DocumentSecurity」のアプライアンス版「DocumentSecurity AP」を7月20日に発売する。価格(税別)は、50クライアント390万円、アカデミック価格が同340万円。05年度6億円の売り上げを目指す。

 「DocumentSecurity AP」は、従来の「DocumentSecurity」の機能や必要となるアプリケーションを初期設定した状態で提供することで、専任のシステム管理者がいない場合でも、導入・運用・保守を容易にできるようにしたもの。

 また、「DocumentSecurity」を利用しているユーザーの例をもとに、標準的な組織体系、文書分類などをあらかじめ設定したテンプレートを用意し、導入後すぐに運用できるのも特徴。テンプレートはカスタマイズも可能で、実際の組織体系に合わせた設定の変更も容易に行える。

 主な機能は、(1)ファイルに対するきめ細かな権限管理、(2)ユーザー・グループ単位での柔軟な権限付与、(3)外部への情報流出を防ぐ暗号化機能、(4)外部への持出し制限、(5)ログ取得・管理――など。

 なお同社は、6月29日から7月1日まで開催される「情報セキュリティEXPO」で、URLフィルタリングソフト「InterSafe」、情報漏えい防止ソリューション「DocumentSecurity」を展示する予定。

アルプス システム インテグレーション

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]