編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

シマンテックとマカフィー、それぞれ新しい侵入検知製品を発表へ

Joris Evers(CNET News.com)

2005-06-13 12:47

 Symantecは米国時間13日に新しい侵入検知製品を披露する一方、ライバルのMcAfeeも同社の「Entercept」のLinux対応アップデートを発表する予定だ。

 Symantecが新たに発表する「Critical System Protection 4.5」は、同社が12月に買収したPlatform Logicの技術をベースに開発したもの。この製品は、他のビヘイビアベースの侵入検知製品と同様、プログラムの振るまいを監視し、ウイルスやワームを発見/阻止することでネットワークを保護し、また未知の攻撃からも社内のマシンを保護できるように考えられている。

 Symantecの製品管理ディレクターChirantan Desaiは、同社がPlatform Logicが開発した「AppFire」ソフトウェアをオーバーホールし、これに自社の各製品との互換性をもたせたと説明している。Critical System Protection 4.5は独自の管理インタフェースを必要とするが、Symantecは自社のほかの製品と共通のインタフェース開発に取り組んでいるという。

 Desaiによると、大企業をターゲットにしたこの新ソフトウェアは、Symantecのほかの製品--具体的にはNorton AntiVirus Corporate EditionおよびClient Security--との併用を想定しているという。Client Securityは署名ベースの侵入阻止機能を搭載している。

 署名ベースの侵入検知製品は、各ベンダーが作成して定期的にアップデートする定義ファイルに基づき攻撃を検知する。このファイルはウイルス対策用のものに近い。

 競合するMcAfeeのEnterceptは、ビヘイビアベースの保護機能と署名をベースにした保護機能の両方を提供している。同社(元のNetwork Associates)は、EnterceptがRed Hat Enterprise Linuxサーバにも対応したことを13日に発表する予定だ。同製品はすでにMicrosoftのWindowsおよびSun MicrosystemsのSolaris OSをサポートしている。

 SymantecのCritical System Protection 4.5は6月末までに出荷される予定で、Windows XPおよびWindows 2000(サーバおよびクライアント)、Windows Server 2003、そしてSuse LinuxおよびSolarisに対応する。同社によると、サーバ版の価格は995ドルでクライアント版の価格は69ドルだという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]