フォーカスシステムズ、メインフレーム/Unix機で利用可能な暗号化ツールを発売

ニューズフロント

2005-06-27 16:34

 フォーカスシステムズは、異機種間の連携環境で利用可能な基幹系システム向けファイル暗号化ツール「CRYPTO RELAY」の販売を6月に開始した。価格は、メインフレーム系がオープン、Unix系が50万円から。

 同ツールは、暗号化技術「C4S」を搭載しており、鍵長は最大6万5536ビットある。大量のファイルを自動的に高速かつ短時間で暗号化でき、「暗号化処理の組み込みによる運用時間への影響を最小限に抑えられる」(同社)。

 IBM、日立製作所、富士通向けのメインフレーム系と、IBMおよびSun Microsystems向けのUnix系という2系統のOSに対応している。また、コマンドラインなどから利用可能なバッチ処理ツール形式であるので、既存システムへの組み込みが容易に行えるという。

フォーカスシステムズのプレスリリース

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]