編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

日本HP、3万円以下のビジネス向け新型PDAを発売

ニューズフロント

2005-07-01 16:56

 日本ヒューレット・パッカードは7月1日、エントリレベルの新型PDA「HP iPAQ hx2110 Pocket PC」の販売を開始した。同社のオンラインストアHP Directplusでの税込み価格は2万9400円。

 コンパクトフラッシュ(CF Type II)とSDIO/MMCの2つのカードスロットを持ち、Bluetooth ver.1.2に標準対応するなど「シリーズの特徴である高い接続性を備えながら、3万円以下の価格を実現した」(同社)。また、データ保護のためにセキュリティアプリケーション「HP ProtectTools」やバックアップユーティリティ「iPAQ Backup」などを搭載している。

 プロセッサは、インテルPXA270アプリケーションプロセッサ(動作周波数312MHz)。OSはWindows Mobile 2003 Second Edition software for Pocket PCを採用した。6万5536色表示可能な3.5インチ型の半透過型カラーTFT液晶ディスプレイを搭載し、64MBのSDRAM(ユーザー領域は44MB)と64MBのフラッシュROM(同13MB)を内蔵する。

 サイズは、幅76mm、奥行き16mm、高さ19mm。バッテリー込みの重さは約164g。

ビジネス向けエントリーモデルの「iPAQ hx2110」

日本ヒューレット・パッカードのプレスリリース

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]