編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

フォーカスシステムズ、6万5536ビット長の暗号鍵が利用できる暗号化アプリを発売

ニューズフロント

2005-07-01 16:57

 フォーカスシステムズは7月1日、Windows対応PC向けのファイル暗号アプリケーション「FP Pro.」の販売を開始すると発表した。税込み価格は1万2600円。発売日は7月中旬から下旬を予定している。

 FP Pro.は、公開鍵暗号方式の一種である「C4」を採用。最大6万5536ビット長の暗号鍵が利用できる。Windows環境のランチャーアイコンや右クリックメニューから、ファイルの暗号/復号操作が行える。ファイルを復元不可能な形で削除する機能や、指定したファイルをPCのシャットダウン前に自動暗号化する機能なども搭載している。

 なお、同製品を持っていない相手にも、暗号鍵の入力だけで復号できるファイルを送ることが可能。暗号鍵の情報はデータベースに登録し、ほかのユーザーと安全にやり取りできるという。

 対応OSは、Windows 98 SE/Me/2000/XP/Server 2003(32ビット版のみ)。

フォーカスシステムズのプレスリリース

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]