日本通信、クライアントセキュリティ事業に参入

永井美智子(編集部) 2005年01月20日 18時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本通信は1月20日、クライアントセキュリティ事業に参入すると発表した。安全性を保持しながら、社外の端末から企業のイントラネットに接続できるサービス「Secure PB」を2月1日より提供する。家庭に導入されているADSLやFTTH、PHSのほか、公衆無線LANにも対応する。

 ブロードバンドの普及に伴い、社外からでもノートPCなどを利用して社内のイントラネットを利用するケースが増えている。しかし、企業のセキュリティポリシーを順守していないクライアントPCを介して不正侵入が行われる危険性がある。Secure PBは専用ソフトをPCにインストールすることで接続元PCにセキュリティポリシーを適用し、安全性の高い接続を可能にする。

Secure PBのクライアントソフトを入れたPCの操作画面。 適切な接続方法を自動的に選択し、VPN接続を確立したことが表示される

 Secure PBはクライアントPC用ソフトとサーバ用ソフトの2つで構成される。クライアント用ソフトはファイアウォールやウイルスチェック機能のほか、VPNクライアント機能などを備える。PCを立ち上げると自動的に専用クライアントが立ち上がり、適切な接続方法を自動的に選択する。

 サーバソフトはファイルの暗号化やユーザー別のアプリ利用制限などを行う。IT管理者はポリシーを一括管理することができ、ポリシーファイルの更新は自動的に行われる。

 日本通信は公衆無線LANを提供している企業とパートナー契約を結んでおり、Secure PBの利用者は日本通信のパートナー企業が提供する公衆無線LANポイントを自由に使えるようになる。パートナー企業はNTTコミュニケーションズ、NTTブロードバンドプラットフォーム(NTT-BP)、ソフトバンクBB、日本サスティナブル・コミュニティ・センター、日本テレコム、理経、FREESPOT協議会。これらのパートナーが提供する公衆無線LANポイントは全部で4200カ所程度という。

 日本通信は今回のサービスを同社のPHSデータ通信サービス「bモバイル」の顧客を中心に提供していく。PC用ソフトとサーバソフトを顧客の要望や現在利用している環境に合わせてカスタマイズするといい、具体的な価格は明らかにしていない。代理店のNTTPCコミュニケーションズや日本テレコムを通じて販売するほか、SIerとの提携も検討しているとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化