ヒューコム、アプライアンス型メール・フィルタリング製品を発売

WebBCN (BCN)

2005-07-05 11:35

 ヒューコム(井上陽一社長)は、サーフコントロール ジャパン リミテッド(陳宇耀社長)が開発した企業向けメール・フィルタリング装置「サーフコントロール リスクフィルタ(SurfControl RiskFilter)」の日本語版を、7月1日から発売した。価格は250ユーザーの「E5」モデルで160万円から。発売後1年間で、3億円の売り上げを見込んでいる。

 同製品は、HTMLやテキストベースの迷惑メールだけでなく、画像や動画、スクリーンセーバなどのあらゆるファイルをフィルタリングする、1Uラックマウントサイズのアプライアンス型製品。

 日本語を含む2バイト言語に完全に対応した単語分析が可能であり、不要なダイレクトメールや、急増しているフィッシングメールなどの迷惑メールを排除できるほか、外部への不適切なメール送信を制御することで、機密情報の漏えいを防ぐこともできる。また、エンドユーザスパムメール管理(EUSM)機能により、社員が自分宛に届いたメールがスパムかどうかを確認して対処することが可能で、これによりスパム検出率を約98%までに高めることができる。

ヒューコム

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]