編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

NEC、画質/音質を自動調整するウェブ会議システムを発売

ニューズフロント

2005-07-05 15:03

 NECとNECシステムテクノロジーは7月5日、利用環境に応じて画質と音質を自動調整するウェブ会議システム「コミュニケーションドア/エクスプレス」の販売を開始した。ネットワーク帯域やPCの処理能力に応じて画質と音質を自動的に調整するので、ユーザーが設定作業を行わなくても音飛びを防止できるという。

 同システムは、インストール時に各システムの環境に合わせて最適な画面サイズや画像/音声の品質などを自動設定する。会議中は画質/音質の調整を行い、音飛びの発生を防ぐ。さらに、司会者が会議参加者のマイク感度や画面の表示内容をリモートで一括制御する機能も備える。「これらにより、高品質なウェブ会議システムを、容易に導入、運用できる」(両社)

 会議参加者のPC上で動作しているアプリケーションの画面を共有し、会話しながら修正するといった操作も可能。同時に最大25人が会議に参加できる。

 税別価格は92万円(インストール台数20台、同時利用者数8名)から。同日より出荷を開始する。NECでは、今後1年間で200システムの販売を見込む。

 両社はコミュニケーションドアをシリーズ製品化し、同時参加者数200名以上の会議に対応した製品や、消費者からの問い合わせ/相談業務といった各種業務向けの製品など、ラインアップを拡充していく。

NECのプレスリリース

NECシステムテクノロジー

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]