パナソニックソリューションテクノロジー、複合機連携OCRソフトの販売を開始

エースラッシュ

2005-07-05 21:58

 パナソニックソリューションテクノロジーは7月5日、ネットワーク複合機とソフトウェアのサービス「ApeosWare Flow Service」で利用できる日本語活字対応カラーOCRプラグインソフトウエア「DocumentOCR For ApeosWare Flow Service」の販売を開始すると発表した。

 同ソフトウエアは「ApeosWare Flow Service」のインターフェースを利用することで、入力された画像データをOCR処理できる。処理されたデータはオフィス文書などのファイルに変換でき、OCRソフト「読取革命」のエンジンを利用した高い認識精度を実現しているという。

 また、前述の「ApeosWare Flow Service」や電子ドキュメント処理・配信コントロールソフト「CentreWare Flow Service」と連携し、スキャナーやファックスで読み取った紙文書や、フォルダに保存されている各種形式のファイルを同ソフトウエアで処理し、メール/FTP/SMBなどでリモート配信、保存を行うことも可能だ。

パナソニックソリューションテクノロジー

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]